« トリミング | トップページ | ショップライン »

2013年8月27日 (火)

東横堀川と道頓堀川の橋めぐり

大阪は水の都。江戸は八百八町、京は八百八寺といいますが、大阪は八百八橋です。

今日は、毎月1回の、大阪の歴史散歩が大好きな中高年のグループツアーの日。

秀吉が大坂城の外堀として開削した東横堀川を北から南へ、橋めぐりです。

1時30分北浜を出発、南の道頓堀、戎橋まで2時間余り、18の橋をめぐり歩きました。

まずは、葭屋橋、今橋、高麗橋、平野橋、大手橋。

Img_0676

Img_0677


Img_0678


Img_0679

続いて、本町橋、農人橋、久宝寺橋、安堂寺橋、末吉橋、九之助橋、瓦屋橋、上大和橋。

Img_0685_3
色気のない橋脚ばかりの写真なので、代表して末吉橋のみ。

車が走っているところが橋、上は阪神高速です。

川の上はすべて高速道路が走っていて風情など期待しようもありません。狭い大阪、仕方ありません。

橋の名の由来、歴史的な出来事・逸話いっぱい聞いてきましたが、先を急ぎます。

ここで東横堀川は道頓堀川にぶつかって、ここからは、東西に流れる道頓堀川に南北にかかる橋。下大和橋、日本橋、相合橋、太左衛門橋、戎橋となります。

Img_0690


Img_0691


Img_0692


Img_0694

なんか、道頓堀も活気が今一つ。うらさびれた感さえしました。

東横堀川の町名を北から並べますと、平野町、淡路町、瓦町、備後町、安土町、本町、九太郎町、博労町、順慶町、塩町、島之内。

どの町名も歴史そのもの。

でもどの橋も町も、過去の栄光など忘れてしまったみたいでした。

寂しいですねぇ。

|

« トリミング | トップページ | ショップライン »

大阪歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東横堀川と道頓堀川の橋めぐり:

« トリミング | トップページ | ショップライン »