« 大好きな木 | トップページ | 仕事納め »

2013年12月25日 (水)

昭和レトロな新世界

今日の大阪歴史散歩は新世界

女性一人ではなかなか行けないところなのでぞろぞろお散歩できてよかったです。

まずは、廣田神社 今宮戎神社から。

Img_1045_3廣田神社

Img_1046_3えべっさん準備中

今宮戎神社は西宮戎神社から分掌して創設されたもので、「今西宮戎神社」から西をとって「今宮戎神社」と呼ぶようになったという説もあるそうです。

そして、西宮戎神社は全国のえびす神社の総本社ですが、廣田神社の摂社です。おそらく大阪の今宮戎神社と廣田神社の関係も同様なのでしょうネ?

西宮の廣田神社は由緒正しい旧官幣大社で、西宮という地名は、廣田神社が京都からみて西に居ますことに由来するのだそうです。

地名ってホント面白いです。

今日のコース浪速区は、「な(さかな)」の「庭」が語源。恵美須町は、戎神社から。今宮も同じく神社があるところという意味なのでしょう。

エビスってもともとは、戎、夷、蝦夷・・・海の向こうからやってきた外来神、海神のこと。海のにおいプンプンのこのあたりです。

さて、いきなり古代から明治にとびますが w(゚o゚)w

 Img_1050_3通天閣

明治36年(1903年)内国勧業博覧会開催会場にこの地が選ばれて、その跡地に天王寺公園と新世界が開発されました。

通天閣はパリのエッフェル塔、放射状の道路はパリの街路、ルナパークはニューヨークの遊園地を真似たのだそうです。

隣の動物園、飛田遊郭、大阪国技館と、つぎつぎ開設され、当時の大阪人の意気込みが伺えますが、なんか今の風景からは往時の大大阪を想像するのは難しい(´・ω・`)

Img_1051

「じゃんじゃん横丁」「てんのじ村」という単語があまりに強烈な印象を与えているから。

Img_1052

寒い寒い2013年しめくくりの大阪散歩でした。

|

« 大好きな木 | トップページ | 仕事納め »

大阪歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和レトロな新世界:

« 大好きな木 | トップページ | 仕事納め »