« 秋のオフ会 | トップページ | バラのパネル »

2014年11月25日 (火)

阿倍野から天下茶屋へ

上町台地の南端阿倍野区を歩きます。

阿倍野の地名は古代の豪族阿部氏を由来とするそうです。

地下鉄阿倍野駅を出たところ、甲子園球場の1.6倍という阿倍野墓地から出発です。

墓地の西側は急な崖になっています。

中世頃までは崖のしたには海岸線が迫り、そこは美しい松原だったのです。

Img_2686

四天王寺には夕陽丘がありますが、この辺りも上町台地の尾根西端で夕日や月を見る名所でした。

墓地の南は聖天山。

Img_2675_2

昔はこんな楠の大木の森だったところ。

Img_2679

北畠顕家が戦士したこの地に、かの兼好法師が庵をたて、その霊をを慰めたといいます。

Img_2680_2

松虫塚。

この辺りは、松虫通りや姫松などの地名が残るように、

かつては松林に虫のこえが響く景勝の地であったのです。

Img_2683

熊野街道に入って、南に歩くと

阿倍清明神社。

Img_2685_2

清明の出生地で、伝説上の父、保名が住んでいた所とされています。

Img_2687_2


上町台地の尾根を西に下り、天下茶屋へ。

ここは、利休の師竹野紹鷗が茶室を営んだところですが、

後に秀吉が住吉詣の際、ここの茶屋で水を汲んで利休に茶を点てさせたところ、その茶の味に感激したことから、この地を天下茶屋というようになったとか。

今日はここでお開き。

高速道路下のだだっ広い斎場からの出発が、

こんなに緑豊かで趣のある散歩になるとは。

大阪よいとこです!
































昔は海が迫っていたのでしょう。

|

« 秋のオフ会 | トップページ | バラのパネル »

大阪歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿倍野から天下茶屋へ:

« 秋のオフ会 | トップページ | バラのパネル »