« 第2弾 パリのランプ | トップページ | 今日からシルバーウィーク »

2015年8月26日 (水)

平野郷

九州を通過する台風のおかげで久しぶりの涼しい散歩です

台風ど真ん中の皆様ごめんなさいm(_ _)m

JR大和路線平野駅を出発して、かつての環濠自治都市平野郷を巡ります。

Img_4079

まずは、古く平安の昔の征夷大将軍坂上田村麻呂の孫、当道が氏神として創建した杭全神社から

Img_4074_2

第一殿。京都八坂神社から素戔嗚尊を勧請した祇園社です。

元々インドの祇園精舎の守護神牛頭天王が日本に入って荒ぶる日本の神、素戔嗚尊と同一視され習合したもので、祇園社と言われる所以です。

祇園祭と同様に、疫病を鎮め健康を祈願する夏祭りが行われます。

Img_4076_2

拝殿。

Img_4077

樹齢千年とも言われる御神木の楠w(゚o゚)w

Img_4075

連歌処。

京や堺の文化人との交流もあったという平野の人たちの文化が伺われます。

そもそも平野は、坂上田村麻呂の子広野麻呂がその戦功によってこの地を賜り、開墾したのが始まり。平野の地名は広野麻呂に由来するといいます。

やがて、平野は宇治平等院に寄進され、平等院の荘園「平野庄」となります。

広野麻呂の子孫、末吉氏は荘園の代官となり、難波から平城・平安・高野山を結ぶ地の利もあって、平野は豊かな自治都市に成長します。

Img_4081

自治都市の周りを廻る環濠の名残が杭全神社に残ります。

ちょうど川底の清掃中で水が流れていなかったのが残念でした。

環濠には13の木戸があり、それぞれに地蔵堂が置かれ、夜はこの木戸が閉じられて町を守っていたのだそうです。

Img_4088

街をあげての保存活動によって、歴史ある建物も新しい建物も美しく整備されていたのが印象的でした。

Img_4087

大念仏寺。

Img_4084

大阪初の民間学問所。淀屋橋の懐徳堂設立に影響を及ぼしたそう。

Img_4091

商店街には昭和4年竣工の大阪で最も古い新聞舗。

平野の文化度を計り知るレガシーです。

平野は一味違う大阪でした
















|

« 第2弾 パリのランプ | トップページ | 今日からシルバーウィーク »

大阪歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平野郷:

« 第2弾 パリのランプ | トップページ | 今日からシルバーウィーク »